© 2012 一般社団法人いきいきライフ協会名古屋

遺言執行

≪遺言執行者就任≫

もっと見る

 当協会は身元保証や身元引受人のお手伝いをさせていただくにあたり、ほとんどの方に対して遺言執行者としての契約を結ばさせていただきます。

これには、大きく3つの目的があります。

  1. 身元保証をしている方が亡くなった際に発生する、終末期の医療費や介護費用その他の支払いを速やかに行うため。

  2. 亡くなった際に発生する、葬儀・供養の手配とそれにともなって発生する葬儀や供養に関する費用の支払いを速やかに行うため。

  3. 上記の①②などの一連の費用の支払いが終わった後に、財産目録を作成し、残った財産(相続財産)を遺言書のとおりに受遺者にお渡しする法律的な手続きを行うため。 


これが遺言書を作成する目的でもあり、遺言執行者に就任する目的でもあります。
反対に、これが無いとどうなるか?

1.は費用の支払いが出来ないので、未払い金の請求が残ってしまいます。

2.は葬儀や供養が円滑に手配をすることが出来ません。

3.は法的に権利がある方が話合いをして、それを書類にまとめ、自らが手続きをする必要があります。

当協会は、残った財産を寄付してもらうことを前提に、一般社団法人を運営しておりません。

あくまでも他人様の財産ですから、手をつけてしまう訳にはいきません。

遺言執行の役割はそうした意味でも非常に大きいものとなります。
こうした内容は、無料相談でもご説明させていただきます。