家族代行問題

●家族代行制度

 家族代行制度という制度は、現実的には存在しません。
なぜなら、家族代行というサポートは、非常に難しいサポートになるからです。

 

 どんな大変な看病であっても、どんなにリスクを負っても、自分の両親だからしょうがない、しっかりと扶養していかなくてはいけないな、と思う事はごく自然な価値観であると思います。

 

 しかし、他人のために身元保証人になり連帯保証人になり、と非常にリスクの高い契約や責任を負うことを誰でも進んで取り組むことは出来ません。

 

 当協会でも、家族代行とまではいかないものの身元保証人や連帯保証人になって、介護施設への入所をサポートするお手伝いをしておりますが、当然に多大なリスクのうえにこのサービスが成り立っていることになります。

 

ときどき、こんなお問い合わせをいただきます。

 

「身元保証人だけやってもらいたいんだけど」

残念ながら、そんな虫のよい話はありません。具体的に聞いてみると、サービス付き高齢者住宅に入居するにあたって、連帯保証人も身元保証人も、なり手がいないのでお願いしたいとのことです。

 

 施設の費用は、月額15万から20万円は最低掛かりますので、もしご本人様に支払能力が無かったら、1年間で200万近い負債がたまってしまう訳ですが、これを支払うことも当協会で負わなくてはいけないのです。

 

 家族代行として、身元保証や身元引受人、連帯保証人などの欄に記入させていただきますが、これは前提として、家族代行ですから、”信頼関係”のうえに成り立ちます。

 

 そして、もしも何か不測の事態が起こっても、対応できるように各種契約を交わしておかなくてはいけません。家族代行サービスとして、お客様に誠実に向き合うためにも、ひとつひとつの契約をシッカリと交わさせていただく事が私たちには求められます。

 

家族がいない独り身の方のサポートで困っている方がいらっしゃったら、まずはご相談の連絡を下さい。

一般社団法人いきいきライフ協会名古屋

© 2012 一般社団法人いきいきライフ協会名古屋