© 2012 一般社団法人いきいきライフ協会名古屋

財産管理

≪財産管理契約≫

もっと見る

 財産管理契約とは、自身の預貯金など財産の管理や日常生活における事務などを信頼できる人を選んで、その方に具体的な管理内容や方法を契約で取り決めて委任することを言います。 

 

これは任意代理契約とも呼ばれ、民法上の委任契約の規定にもとづいて一般的には、弁護士・行政書士など法律の専門家に依頼して作成するものになります。

 

 財産管理契約は、双方の合意のみで効力が生じ、内容も自由に定めることができます。精神上の障害や判断能力の減退があった場合に利用できる成年後見契約とは異なった性質のものです。

≪財産管理契約が必要な場面≫

 財産管理契約が求められるのは下記のような場面です。

  • 高齢者住宅に入るために、身元保証と一緒に財産管理を相談したい

  • 意識はハッキリしているが、身体が不自由なので日常生活を支援して欲しい

  • 高齢で介護施設に入所するので、預金通帳など財産の管理をお願いしたい

  • 介護施設にいる母親の財産を同居していた子供が使い込んでいるので、信頼できる第三者に管理を依頼して、使い込みを防ぎたい。また必要経費の支払いを代わりにお願いしたい

 上記のような場合に、当協会で財産管理のサポートをさせていただきます。
契約書の作成については、当協会と連携している弁護士・司法書士などの国家資格者が担当いたしますので、まずは法律家の無料相談をご利用頂き、事前相談をお願いしております。